小楢山登山|マイカーでの駐車場、登山口、登山ルートなどの紹介【奥秩父穴場の山】

小楢山

こんにちは!ハチ(@asobilifegogo)です。

今回は奥秩父の小楢山を登ってきました。

奥秩父には日本百名山など素晴らしい山も多いのですが、
隠れた穴場的な山が小楢山だと思っています。

今回は実際に小楢山を登ってきたことをもとに
マイカーでの駐車場や登山ルートなどを紹介しています。

これから小楢山登山を計画している人に向けて、
参考になれば幸いです。

小楢山登山|マイカーでの駐車場、トイレ

登山口の手前に登山者専用駐車場として、
無料駐車場があります。

小楢山登山口駐車場

駐車台数は少ないですが、
舗装されたきれいな駐車場です。

小楢山登山口駐車場
  • 住所:〒404-0003 山梨県山梨市牧丘町倉科7202
  • 駐車台数:約7台
  • 営業時間:24時間
  • 駐車料金:無料
  • 備考:

登山口のすぐ手前にある駐車場ですので、
車からすぐに登り始めることができる駐車場です。

トイレは駐車場から少し下った場所にあります。

トイレ

今回行ってきた小楢山登山|登山ルート・天気

今回は焼山峠からのルートではなく、
逆方面の小楢山登山口から登るルートです。

小楢山
  • 所在地:山梨県山梨市
  • エリア:奥秩父山塊
  • 標 高:1,713m
  • 体力度:3 out of 5 stars
  • 難易度:2.5 out of 5 stars
  • おすすめ度:4 out of 5 stars
  • 登山レベル:初級者向け
  • 山行日:2024/4/28(日)
  • 登山ルート:小楢山登山口駐車場→父恋し道→小楢峠→小楢山山頂→一杯水→小楢峠→母恋し道→小楢山登山口駐車場
  • コースタイム:約7時間25分(8:10〜15:35)休憩含む
    ※標準コースタイムは約6時間00分です
  • 歩行距離:約10.5km
  • 天気:晴れ
  • 備考:山梨百名山

登山ルート

登りは父恋し路、下山は母恋し路を利用したルートです。

岩場が多いルートですが、
山らしい荒々しい雰囲気を感じることができます。

小楢山 地図

天気

空には少し雲がありましたが、
おおむね晴れの天候でした。

小楢山登山|登山概要

小楢山登山口駐車場を出発です。

小楢山登山口駐車場

登山口の手前にあってとても良い駐車場です。

小楢山周辺の地図が掲示されています。

小楢山 地図

以前に焼山峠から小楢山を登りましたが、
今回の父恋し路、母恋し路のルートは初めてです。

すぐに獣害防止用ゲートが設置されているので、
通過していきます。

獣害防止用ゲート

左側に柵が設置されている登山道を歩いていきます。

登山道

分岐になりますので、
標柱にも表示されていますが
右側の小楢山方面を進んでいきます。

分岐 小楢山

開けた場所から富士山がきれいに見えます。

青空に富士山は映えますね〜

富士山

折れた木が登山道にかかっています。

登山道

布袋石と書かれています。

布袋石

標柱の表示通り小楢山方面に進んでいきます。

登山道 標柱

造林小屋跡です。

造林小屋跡

父恋し路を歩いていきます。

父恋し路

あまり歩かれていない感じです。

父恋し路

ピンクリボンが設置されています。

ピンクリボン 登山道

道標が出ています。

大沢ノ頭 道標

分岐地点です。

大沢ノ頭を目指して歩いていきます。

分岐

現在地と周辺の地図が掲示されています。

母恋し路、父恋し路の云われも書かれていますね。

地図

では進んでいきます。

登山道

達磨岩です。

達磨岩

色々なところに石像があります。

石像

信仰が強い山ということを感じます。

大きな岩がある場所を歩いていきます。

登山道 巨岩

姫百合地蔵というお地蔵様です。

姫百合地蔵

周りは岩だらけです。

登山道 岩

白雲の滝という小さな滝です。

白雲の滝

滝というと遠くに見る感じですが、
このように目の前に流れる滝は珍しいですね。

岩の上を歩いていきます。

登山道 岩

こちらにもお地蔵様が祀られています。

お地蔵様

水が流れている横を登っていきます。

登山道

このようなロケーションの場所を歩けるのは
小楢山ならではですね。

周りには苔むした岩が多い場所を歩いていきます。

登山道

そんなに人が歩かれてない感じです。

登山道

険しい道、ピンクリボンが目安になります。

ピンクリボン 登山道

小楢山は岩が多い山のようです。

登山道 岩

屏風岩です。

屏風岩

屏風岩という名称は他の山でも結構ある名称ですね。

苔むした岩に光が当たって緑が鮮やかです。

登山道

道標が出ています。

道標

大きな岩の横を歩いていきます。

登山道 巨岩

羅漢岩です。

羅漢岩

小楢山は名称のついた岩がたくさんあるので、
岩好きの人にはおすすめですね。

大沢ノ頭に到着です。

大沢ノ頭

大沢ノ頭山頂は分岐の場所になっています。

こちらから妙見山や鼓川温泉に行くことができます。

道標

富士山は雲で隠れてしまっています。

中心右側に見えるのは毛無山です。

富士山

この時期の南アルプスは
まだ雪があるのでわかりやすいですね。

南アルプス

幕岩です。

幕岩

太く長い鎖がかかっており、
幕岩に上ることができます。

幕岩 鎖

鎖を伝って幕岩を上っていきます。

幕岩 鎖

幕岩の上は少し傾斜がありますが、
広いスペースになっています。

幕岩

眺望はすごい絶景です。

南アルプスがきれいに見えます。

南アルプス

南側の眺望も町並みをあわせて素晴らしいです。

幕岩 眺望

幕岩に上るだけでこれほどのパノラマビューが
見れるのには驚きました。

幕岩 眺望

幕岩は上るのも少し大変ですが、
幕岩の上も少し危ない場所があるので、
上る場合は慎重に行動しましょう。

幕岩の眺望を満喫したところで通常の登山道に戻ります。

小楢山にある道標や岩には
山頂にある標柱のようなものが使われていますね。

小楢山 標柱

棚根入ノ頭です。

棚根入ノ頭

小楢峠です。

小楢峠

小楢山山頂まではもう少しです。

小楢山山頂に到着です。

小楢山 山頂

小楢山にきたのは10年ぶりくらいですが、
この雰囲気は健在でした。

小楢山 山頂

あいにく富士山は雲に隠れてしまっていますが、
小楢山山頂からの富士山は最高なんですよ。

富士山

西側には南アルプスが見えます。

南アルプス

小楢山について書かれています。

小楢山

山座同定盤があります。

山座同定盤

小楢山はパノラマで見渡せる眺望が魅力の山で、
結構穴場的な山だと思っています。

小楢山山頂でゆっくりしたところで、
周辺の一杯水などを寄って、
母恋し路から下山していきます。

焼山峠方面に進みます。

焼山峠 道標

一杯水です。

一杯水

水が湧き出ているのか、いないのか、
わかりませんでした。

小楢峠方面に進んでいきます。

小楢峠 道標

枯れ葉の多い登山道を歩いていきます。

登山道

小楢峠から窪平方面(母恋し路)に歩いていきます。

小楢峠

草の生えている登山道を歩いていきます。

登山道

石像が祀られています。

石像

本当に小楢山は信仰の山ですね。

林道に出ます。

林道

下山道、フフ方面に進みます。

下山道 道標

周辺地図が掲示されています。

周辺 地図

矢印方面に歩いていきます。

登山道

少し路が荒れている感じです。

登山道

路の右側の場所は
登りで通った父恋し路入口のある分岐の場所です。

登山道

あとはこちらの分岐の場所から
獣害防止用ゲートまで歩いていって駐車場に戻りました。

今回の小楢山山行は以上になります。

小楢山登山|見どころ

小楢山は神仏などの信仰を深く感じるることができ、
山容も神聖な場所的な雰囲気を思わせる魅力的な山でした。

眺望や景色という面では次の2点が印象的でした。

  • 幕岩の上からの眺望
  • 小楢山山頂からの景色

こちらは幕岩ならではの眺望ですね。

幕岩の上の岩は少し危険な場所もあるので、
少し焦りました。

幕岩

こちらは小楢山山頂からの眺望です。

富士山が雲で隠れているのが残念でしたが、
富士山が見えていれば完璧な絵になります。

小楢山 山頂 眺望

小楢山登山|今回使った地図

小楢山登山|感想

今回小楢山は10年降りぐらいに登りましたが、
当時の印象通り素晴らしい山でした。

信仰色が強い山としても魅力的であり、
もっと小楢山を知りたい思いにかられました。

眺望も最高で違う季節にもまた登りにきたいですね。

こちらはトイレに掲示してあった小楢山の案内です。

小楢山登山でのルートなどが書かれています。

小楢山

小楢山をより楽しみたい人は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です